ようこそ。東大和刈穂キリスト教会へ。

日本基督長老教会国立伝道教会
→刈穂伝道教会(14年間)

1957年、穂積与四郎神学生による家庭集会形式で伝道開始。

1959年、「国立伝道教会」伝道開始。
主任:堀越暢治師
協力牧師:A・P・ソルトー
協力宣教師:M・M・ジョンソン

1962年4月29日、丸山軍司牧師就任。(生麦教会より)
協力宣教師:フレット師(63年12月23日まで)

1964年5月教会名を「刈穂伝道教会」に変更。

単立大和町教会(7年間)
1964年、現在東大和刈穂キリスト教会のある場所に、スイス人宣教師クルト・リビ氏による開拓開始。(奉仕教職者後藤牧人牧師、水越悦夫伝道師、星野弘治伝道師)

 

1970年4月日本基督長老教会に加入。

東大和刈穂教会
1971年8月8日、上記2つの教会の合同礼拝後、教会名を変更
「東大和刈穂教会」として発足。
牧師:丸山軍司牧師
伝道師:水越悦夫師
協力宣教師:ウィグルス・ワース師
長老:小嶋四郎兄、井上圭典兄、児玉俊雄兄

 

1972年牧師館プレハブ建設

1979年会堂建設延期に伴い、プレハブ2階建建設

1983年4月3日西多摩キリスト初穂教会設立。
(橋下真兄一家、広田姉移籍)

1988年新会堂(鉄骨新会堂)建設

1988年11月20日、献堂式。

1989年6月2日、宗教法人格取得。
(日本長老教会東大和刈穂教会)

1989年9月3日、則近道夫兄長老按手。

1993年5月4日、日本福音長老教会と合併合同
教会名を「東大和刈穂キリスト教会」に変更

1995年4月23日、朴淵国伝道師任職。

1996年3月、丸山軍司牧師退職。
(合併前9年間、刈穂25年間計34年間奉仕)

1996年4月から、1999年3月まで清水武夫牧師(玉川上水キリスト教会)が兼任。

1999年3月28日、朴淵国牧師就職式。

2001年創立30周年記念礼拝

2003年1月26日、杉本政美兄、長老選出。

2008年1月多喜乃亮介兄が信徒総会にて長老候補者として選出。
半年ほど準備期間を経て、2008年8月10日 教会設立記念礼拝席上、長老按手及び就職式が行われました。

会堂増改築

.png

2012年8月12日、献堂式。
2013年9月26日、牧師館購入。
住所:東京都東大和市向原3-851-5